グローバルメニュー

トップページ > 会社情報 > オフィスガイド
オフィスガイド
建てられたばかりの真新しいビルはガラス張りでとにかく社内が明るい!目印はビル1階の歯医者さんです。
受付にはamadanaの呼び出し専用電話が。
マウスの開発者であるダグラス・カール・エンゲルバート氏を真似て、機能的な用途で使うスペース。
社内はオレンジとグリーンのビタミン・カラーを多用して、働く人が元気になる空間を演出しています。インテリアは社内スタッフのアンケート結果をベースにし、みんなが働きやすいオフィスがコンセプト。
可動式のカラフルな椅子と、形にとらわれないユニークなテーブル、そして壁にはアンディ・ウォーホールの「Macintosh」が…。アップル・コンピュータ社のMacintoshを開発した天才プログラマー、スティーブ氏の自由な発想にあやかって、既存の枠に囚われない発想でディスカッションするスペース。壁にはガラス・ボード。ホワイトボード同様に思いついたアイデアを書き込める優れモノ。
未来のフェーズワンのビジョンを描くスペース。プレゼンテーションや経営の意思決定会議と様々な講習会など、多様な目的で活用されています。ガラス張りの壁には、パーソナル・コンピュータの概念を提唱したアラン・ケイ氏が唱えたこんな言葉が刻まれています。「The best way to predict the future is to invent it.〜未来を予測する確実な方法は、それを発明してしまうことだ〜」。
創造と情熱、変革をテーマに、弊社の役員が使用するスペース。「Would you rather sell sugar water to kids for the rest of your life or would you like a chance to change the world?〜あなたは残りの人生を砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えるチャンスを掴むのか、どちらを選ぶ?〜」アップル・コンピュータ社の創設者、スティーブ氏がペプシコーラ社のCEOであるジョン・スカリー氏をスカウトした時の口説き文句。フェーズワンが目指す未来像、夢を語る採用、経営者の情熱、そんな気持ちを具現化したスペースです。